不安を感じている人は

「どうしてあの時に大学中退をしてしまったんだろう」と思っても、時間を戻すことは出来ない。そのことを痛感するのはまさに就職活動をする時だろう。同じ年齢でも、やはり大学を卒業している人の方がよく思われるのか、採用率に差が出てきてしまう。あまりにも就職活動に失敗しすぎてしまうと、このままでは就職できるのかどうか不安に感じる事だろう。そこで、諦めてしまう人はフリーターになったり、正社員になる事を諦めてとりあえず派遣社員として働いたりと、別の道を考えてしまいがちだ。しかし、出来れば諦めずに正社員の道を貫き通してほしい。
特に自分自身に何も技術がなく、目立った資格もない場合は、派遣社員やフリーターになることで、ただ歳を重ねるだけで、ますます正社員になりたいと思った時に、就職が困難になってしまうのだ。なので、もしも派遣社員になるという事であれば紹介予定派遣にして、一定期間派遣社員として働いたら正社員に切り替えることが出来るなど、先のことをよく考えて就職活動をしよう。この紹介予定派遣は、履歴書だけではなく、実際の仕事をしている姿を企業側に見てもらえるチャンスなので、積極的に活用してほしい。また、企業との顔合わせの際には自分一人だけではなく、コーディネーターも同行してくれるので、足りない所はきちんとサポートしてくれる分、OKをもらえる確率もアップするのだ。大学中退をすると、就職活動に不安を覚える人もいるだろう。しかし、就職活動をする時はきちんと将来を見据え、しっかりと求人情報を把握しておく必要がある。